ハナビシソウ


by yunatosi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

朝の散歩道で

近くに新しい老人施設が完成間近だ。
歩いて行ける距離に既に2棟建っているから、これで3棟出来ることになる。
高齢化社会が進んで出会うひとは、自分も含めて殆どが高齢者だ。
これでは社会の運営も容易なことではない。個々人が出来るだけ社会の迷惑にならないように気をつけるしかない。
a0097298_17323643.jpg

田圃のなかの道を歩いて行くと、殆どのたんぼが水不足でひび割れしている。
折角苦労して田植えしたのに、株が増えない。農家のひとの話によると、例年の半分にもならないだろうと言う。梅雨入りして以来殆ど雨が降っていないのだから当然だろう。
水源の池を見に行くと、僅かな水があるのみで、すっかり干上がっている。
自然の前に人間の非力さを思い知らされる。
a0097298_1742676.jpg

それでもツユクサは懸命に咲いている。
a0097298_1744451.jpg

[PR]
by yunatosi | 2013-06-08 17:43

緑に包まれて

小豆色をしたそら豆を頂いた。
早速塩昆布と少々の酒を加えて混ぜご飯にした。
a0097298_1684548.jpg

見た目も綺麗で味も良く、これは狭い我が家で食するのは勿体ないと、経ガ岳に出掛けた。
カッコウの声がさかんに木霊する緑の道を歩くと、大勢の人に出会う。
殆どが定年後の趣味として登っているので、時間はたっぷりある。
色んな人との話が弾んでなかなか足が捗らないが、これがまた山登りのだいご味だ。
a0097298_1618983.jpg

頂上レストランは360度の展望で気持ちがいい。おまけに滅多に見られないカッコウまで近くの木に遊びに来てくれた。
a0097298_1623220.jpg

最近外に出る度に、路傍の花を摘んでくることが多い。

今日の一枝
a0097298_16244695.jpg

[PR]
by yunatosi | 2013-06-05 16:26

今年もまた作りました

近所の畑にある2本の梅の大木が、今年もたわわに実をつけました。
おじさんが「いくらでも欲しいだけ採っていって」といってくださったので、4キロほど頂いてきました。
一晩水につけてあく抜きし、グラニュウトウをたっぷりまぶして、ことこと水分が無くなるまであくを取りながら根気よく煮詰めます。結構面倒な作業ですが、これは相棒の仕事で、今年も根気よくやってくれました。
いつまで続くやらとそっと見守っています。
知人や友人に配り「おいしい」といってもらうのが何よりの楽しみのようです。(お世辞かもね)
a0097298_14155584.jpg

a0097298_1417770.jpg

[PR]
by yunatosi | 2013-06-02 14:17

もう少しがんばろう

だんだん体力が無くなってきたことをひしひしと実感している。
山登りも随分間遠になった。
しかし丁度昨年の今日、シロヤシオが満開だと日記に書いてある。
時も時、80歳の三浦雄一郎さんがエベレスト登頂に成功されたというニュースでもちきりだ。
いざ!と張り切って出掛けたけれどなかなか足は重い。写真を撮ったり、景色を愛でるふりをしながら後からくる人に道を譲ることが多くなった。
ようようにしてシロヤシオの群落に着いたが、今年は随分花が少なめだ。皆さん「これを楽しみにしてきたのに」と残念そうだ。
それでも山躑躅は当たり年で至るところで美しい姿を見せてくれる。
若葉も随分力強さを増し、空気まで緑に染まっている。やはり来て良かったと思う。
滋賀県の青少年旅行村から1200メートル余の頂上までの往復8キロは限界に近い。
a0097298_1722974.jpg

[PR]
by yunatosi | 2013-06-01 17:22

久しぶりに

何だか体調も悪くてブログもめんどうになって・・・とすっかりご無沙汰をしていた。
テレビで松阪のベルファームでハナビシソウが見頃だと報じていたので相棒を誘って行ってみることにした。
駐車場に車を止めて、美しく整備された散歩道を5月の爽やかな薫風を体いっぱいに浴びながら、1キロほど歩くと見渡す限りに満開のハナビシソウが広がっていた。
a0097298_16234198.jpg

すると少し先に大勢の人が何かの作業をしていた。
傍までお邪魔をして聞いてみると、
「ふれあい農園」であるという。農地を地域住民に提供して、土とのふれあいを深め、野菜作りや花作りを楽しんでもらおうという企画であるという。
専門の指導員がいて、苗の選び方から肥料の与え方、その他もろもろのことを襲えて頂けるという。道具類も完備しているようだ。なにより印象的だったのは皆さんの顔が活き活きと楽しそうで老若男女和気藹藹と楽しんでおられたことだ。
これが楽しみで毎日来ているというおじいさんの顔が忘れられない。遠くは名古屋から週に一度通ってくる人がいるということに感服した。
a0097298_16405995.jpg

[PR]
by yunatosi | 2013-06-01 16:40