ハナビシソウ


by yunatosi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

危険がいっぱい

鈴鹿の山はヒルが多いのでこの時期は敬遠していましたが、恐る恐るいってみました。
案の定、車から降りた途端にお出ましです。
靴に注意をはらうのに忙しくて、辺りの風景を見る余裕はありません。
何度も足にのぼられながらやっと頂上に着きました。久しぶりの宮指路岳です。
a0097298_20403150.jpg

大岩や奇岩が多く、見どころ満載です。勿論足元に注意を払いながら。
a0097298_20425367.jpg

度重なる台風や大雨やらで登山道は荒れ果てて、危険がいっぱい スリルもいっぱいです。
a0097298_20454291.jpg

[PR]
by yunatosi | 2011-09-29 20:46

久々の鈴鹿

各地に甚大な被害を齎した台風が去ったあと、すっかり秋めいた気候になりました。
あまり汗もかかず快適でした。
険しい山の多い鈴鹿山系もそろそろ卒業かと思いましたが、比較的距離の短い三池岳に登りました。
地図を時計回りにあるきました。
a0097298_21171958.jpg

台風のもたらした大雨のせいで、沢は水嵩が多く、大昔に戻って靴を脱いで渡りました。
岩が崩れてざらざらになったところや、高度のある個所でも大量の水がざあざあ流れているところもあり、さすが鈴鹿の山は迫力があります。
a0097298_21242820.jpg

遮るもののない360度の展望を満喫し、ゆっくりと昼食を済ませてから往路とは反対の尾根道を下りました。延々と激下りが続き、膝は時々笑い出しましたが、充実した山登りになりました。
a0097298_21323011.jpg

[PR]
by yunatosi | 2011-09-23 21:33

久しぶりです

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども
風の音にぞ おどろかれぬる


古今和歌集にあるうたですが、シンプルながら透明感のあるこの和歌が気に入っています。
まだまだ残暑が厳しくて、今日も30度を超える暑さでした。
しかしながら吹き抜ける風には、秋のかおりがそこはかとなく漂っています。
随分久しぶりに山に登りました。先日の台風の影響がどんなものかと電話で聞いてみると、林道や登山道が 至る所で崩壊、崩落をしており、登れる山が随分少なくなっています。
被災された方々には申し訳ありませんが、寂しいかぎりです。
a0097298_21283156.jpg

a0097298_2129012.jpg

頂上から眺める太平洋は、青々と果てしもなく広がりしんと静まりかえっています。でもひとたび暴れだすと予想だに出来ないほど恐ろしいのが自然の摂理というものでしょうか。
a0097298_21433671.jpg

しとどに汗をかいたあと、風を感じながら熱いコーヒーを飲むのは至福のひと時です。
[PR]
by yunatosi | 2011-09-13 21:47