ハナビシソウ


by yunatosi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シロヤシオに会いに

今年のシロヤシオは裏年にあたって、あまり期待できないと聞いていましたが
もしやと思い、日本一の大木があるとの呼び声が高い「木梶山」に行きました。
いつも滅多に人に出会わない静かな山ですが、時期も良くしかも日曜日とあって
か驚くほど沢山の車が止まっていました。
1時間半ほど林道を歩いて登山道に入ります。
登るにつれて、シロヤシオの木が増えてきますが、案の定花は極控え目に咲いて
いるだけでした。
でも目に染みいるばかりの新緑の見事さは感動的です。
a0097298_22345522.jpg

a0097298_22351933.jpg

しかしあれだけ沢山の車があったのに、人には会いませんでした。
みなさん別の険しいルートに行かれたのでしょう。
方々でオオルリの美しい声と姿に癒され、今日の成果は充分でした。
まだまだもう暫くは山登りを楽しめるかな~と希望が湧いた一日でした。
a0097298_2241462.jpg

[PR]
by yunatosi | 2010-05-30 22:42
「端午の節句まつりを見にいかない」とのお誘いを受け、奈良の高取に出掛けました。
連子格子の家々が連なる街並みを散策しながら、飾られている古い甲冑や五月人形等を
見せて頂きました。
a0097298_10513241.jpg

a0097298_10515911.jpg

a0097298_10522370.jpg

a0097298_10524540.jpg

土佐街道の町屋100軒の玄関先にはそれぞれの家の家紋をいれた暖簾が掛けられ、壮観
でした。また玄関脇には趣向を凝らした花が飾られて観光客を出迎えてくれました。
a0097298_1102670.jpg

途中に無料休憩所があったので、寄ってみたら高取城に関するビデオを放映していました。
そのCG再現写真を見て、行ってみようということになりました。
軽い気持ちで行ったところ、途は険しいし距離はあるし、へとへとになりました。
迂闊にも高度80メートルと思っていたのですが、584メートルもあり、きつい登山に
なりました。
でも流石、山城では日本一の広さを誇った城跡、沢山の建物や人々が生活していた往時を
偲ぶと、感慨も一入です。
a0097298_11163879.jpg

[PR]
by yunatosi | 2010-05-29 11:17

美術館で爆笑

新緑に包まれた三重県立美術館を訪れました。
a0097298_14401062.jpg

昨年、写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛賞を受賞した三重県出身の
浅田政志さんの写真展が開催されています。
以下は美術館のホームページによるものです。

 浅田は、家族の思い出の再現にとどまらず、家族の絆をテーマに未来を志向した写真作品を郷里で制作しています。それらの写真は、消防士や飼育員、バーテンダーなどに扮装した浅田家の家族全員を、セルフタイマーを使って撮影したものです。撮影の際に、様々な人々と交渉し協力を得ながら撮影するという独自の方法も注目されます。

 自身の家族だけでなく、近年浅田は全国各地の依頼者のもとへと足を運び、その家族の特色や良さを引き出した家族写真を撮影しています。)


普段、美術館は物音を立てないように注意し、写真撮影は勿論御法度ですが、今日は無礼講で爆笑あり、写真撮影もOKでとても楽しく拝見できました。
出口には立派なポストがあって、アンケートや感想を投函できるようになっており、勿論最大限の賛辞を書き連ねて投函しました。
しかも会場を出たところに、政志さん本人がいて写真撮影まで誘っていただきました。
a0097298_14533923.jpg
a0097298_14535682.jpg
a0097298_1454511.jpg

[PR]
by yunatosi | 2010-05-16 14:55

久々に

膝が痛い、腰が痛い、おまけに孫から酷い風邪を貰って長い間蟄居していました。
これでは引きこもり同然、無理にでもでかけなければと、膝や腰に湿布を貼って
足腰に鞭打ちながらいざ出発。
向かうは行者山、結構遠方なので高速を利用しました。ところが土曜日で千円と
あっていつも閑散とした道路が混雑しているのに驚きました。
予想通り人っ子ひとりいない静かな山でした。「行者」と名前がついているだけ
あって急登の連続です。鉛でも括りつけたように重い足を引きずりながらやっと
のことで頂上に着きました。
苦労のかいがあって、下界ではとっくに終わったしゃくなげが満開で、太平洋まで
見渡せる展望に満足しました。
a0097298_2158361.jpg

a0097298_2158518.jpg

a0097298_21585425.jpg

[PR]
by yunatosi | 2010-05-15 21:59