ハナビシソウ


by yunatosi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

太陽がいっぱい

お得な初詣切符も使用期限があと2日となり、慌てて志摩の横山に行きました。
バスを降りて、登山口までの道路脇にはあおさのりの養殖場が沢山見られます。
a0097298_21414969.jpg

山と言ってもハイキングコースと軽く考えて、街歩きの格好でいったところ、400段近くの階段があり、距離も7~8キロはあったでしょうか。お天気もぽかぽか陽気で1月だというのに汗をかきかき歩きました。
a0097298_21421499.jpg

歩いている道すがら、何処からでも陽に反射してきらきらと光る英虞湾を一望できます。
a0097298_2146640.jpg

[PR]
by yunatosi | 2010-01-30 21:47

いまさらですが・・・

イルミネーションと言えばクリスマスですが、未だしばらくは開催されている「なばなの里」に行きました。
これだけ大規模な飾り付けを短期間で終わらせてしまうのは、いかにももったいないと感じます。
点灯される時刻が近付くとぞくぞくと人が集まり、休日でもないのに何とまぁ・・と、自分もその中のひとりだということを忘れて考えてしまいました。
眩いばかりの光のなかで酔いしれました。
a0097298_21213998.jpg

a0097298_2122060.jpg

a0097298_21221776.jpg

a0097298_21223336.jpg

a0097298_21224756.jpg

[PR]
by yunatosi | 2010-01-20 21:23

ヨクバリージョ

朝起きると、頭が痛い、喉も何だか変、その上腰痛も・・・
それならやはり自然治癒をと、またまた山に出かけました。
伊勢神宮に参拝する人達の長い車列を横に見て、内宮から県道12号を進みました。
源流から神宮まで滔々と流れる五十鈴川に沿って17キロの道程ですが、片側は川に落ち込む崖となっており、もう一方は神宮林で、深い溝が穿たれており、車一台がやっと通れる細い道です。
対向車が来ませんようにと祈りながら進みましたが、5台の車と出会い、やっとの思いですれ違いました。
肝も心臓もすっかり凍りついた頃、やっと目的地の「剣峠」に着き、暖かい生姜湯でも飲もうかと思ったところ、わらわらと小学生軍団が現れました。南伊勢町の子供たち150人で、毎年この時期に五か所から伊勢神宮まで30キロほどの道を歩くのだそうです。
峠を境に、右に行くと「八禰宜山」左に行くと「京路山」です。
a0097298_19515549.jpg

まず「八禰宜山」に行きました。山頂からは「五か所湾」がきらきらと輝いて見えます。
a0097298_19544794.jpg

そこから更に1.3キロ行くと「八大竜王神社」があります。神仏混淆の名残で広い寺院跡もあります。
寺院は別のところに移転したようですが、地元の有志の方によってきれいに保存されています。
a0097298_2001924.jpg

峠に戻って、反対側の「京路山」にも登りました。
a0097298_2044676.jpg

a0097298_205898.jpg

ヨクバリージョ=欲張り女 と最近巷で言われていますが、まさに今日はその言葉がぴったりでした。
[PR]
by yunatosi | 2010-01-10 20:08

登り初め

お餅やお節ですっかり膨らんだお腹をどうにかしなければ・・・
と、初登山をしました。前回とは別ルートで笠木山です。
ほんの一カ月前には紅葉で美しかった木々もすっかり葉を落とし、すっきりとしていました。
裸木もまた風情があっていいものです。
a0097298_18472942.jpg

寒い日でしたが、山の中は風が遮られて暖かく、絶好の登山日和でした。
前回のルートは長距離だったので、行くことが叶わなかった雌滝にも行きました。
勇壮で豪快な雄滝と違い、雌滝は優美でたおやかです。もっとも今ではこんな女性は絶滅寸前ですが・・・
両滝は500メートル離れた場所にあります。梯子を登ったり、坂を登り下りして行きましたが、それだけの価値は十分ある見応えのあるものでした。
a0097298_1903777.jpg

a0097298_191097.jpg

a0097298_1912317.jpg

[PR]
by yunatosi | 2010-01-03 19:03