ハナビシソウ


by yunatosi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年の登り納め

有名な男優さんから料理の接待を受けていました。何故かお皿にこんにゃくがドーンと一丁、豆腐もそのままデーンと一丁、それから鯛飯だと言ってお粥のなかに鯛の小片がちらほら、なんだかなぁ~と思っていると「早くしないと遅くなるよ」と連れ合いの声。
なになに・・と夢から覚めるとお弁当のおにぎりと朝食のトーストとコーヒーが用意されていました。
そうだ、今日は今年最後の山登りをしようと夕べ約束をしたんだっけ(*^_^*)
行ったことの無いところと言うことで、大内山の「犬戻ノ高」に決めました。
犬戻峡は両側から天を衝くような岸壁が迫り、犬も戻ることから名づけられたと言われています。
路肩には山の神が祭られ、危険さが窺われます。
滝ヤ谷コースからのぼりましたが、美しい滝が随所に見られます。豊かな水量を誇る大内山川の源流となっています。
何度も沢を渡り、崖から転がり落ちないよう注意しながら進みます。尾根に出ると、ブナ、水ナラ、ヒメシャラなどの原生林が広がっています。
a0097298_20515545.jpg

a0097298_20521830.jpg

3時間程歩くと、やっと中間地点に到着します。
a0097298_2121440.jpg

a0097298_2123122.jpg


続きます~
[PR]
by yunatosi | 2009-12-27 21:17

初モデル

県下最大の貸衣装店の「ブライダル ファッションショウ」がおこなわれました。
孫が子供モデルを依頼され、人生に於いて二度とないだろうと(たぶん)クリスマスパーティーの予約を取り消して参加しました。
テレビでは、他県の大雪情報が盛んに流れ、本当に震えあがる一日でしたが、袖なしの薄いドレスで緊張した面持ちで花道を歩きました。
本人も結構楽しんだ様子で、いい思い出になったと思います。
「かわいい~」と客席から声が掛かると嬉しくて、参加させてよかったと思いました。(バババカというのでしょうか。そうですね。)
a0097298_2051185.jpg

a0097298_2055277.jpg

うっとりするような桂 由美さんの衣装が、次々に披露されました。
a0097298_2075832.jpg

[PR]
by yunatosi | 2009-12-21 20:09

遥かなる由布岳

昨年は満員御礼で機会が無く、今年こそはと早々と申し込み、由布岳登山を心待ちにしていました。
高所ゆえ雪も降るかと防寒着、防寒下着も新調し、アイゼン、常備薬も揃えて準備万端おさおさ怠りなく、大き目のリュックと鞄につめて、あとはそれを背負って我が家を後にするだけになっていました。
さて明日に備えて早めに休もうと思ったところ、昼過ぎからしくしくしていた胃が「どかーん」と爆発したように痛み出し、あとは切り裂く・突き刺す・かき回す・・・というような激痛が。慌てて夜間救急病院に予約電話をいれ、バッグのポケットの奥深くにしまい込んだ保険証を出し(こんな時に、すぐに入れた場所が分かる自分はえらい)と自分を褒めながら、雨脚の激しくなってきたなか車を走らせたのでした。
病院に到着すると、受付の女性が「これに記入してください」と20項目ほどもある問診票を冷静に差し出しました。息も絶え絶えになっているのにそれはあまりに・・とも言えず、冷静に書いてだすと「これもお願いします」と更に別の用紙を渡されました。そんなこんなで看護士さんも医師もこんな調子で、自分のことは自分でを身を持って体得しました。
痛み止めを2錠渡されただけで帰り、夜半には大分治まりましたが、明日旅にでる訳にもいかず已む無く由布岳はキャンセルとあいなりました。
清く・正しく・〇〇〇をモットーに生きてきたのに何故こんな目にあうの、という考えが頭を過りましたが、先日来トラ、虎、寅 と年賀状作成をしておりました。一年間お世話になった丑さんのことをすっかり忘れて。
やはり感謝の気持ちは大切なのです。
037.gif053.gif

というわけで
[PR]
by yunatosi | 2009-12-14 20:56