ハナビシソウ


by yunatosi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

やはり自然は癒されます

友人から「バードウオッチングに行かない?」とメールが・・・
勿論「行く いく~」と二つ返事です。
行先は松阪の山室山周辺ということです。この山は、18世紀最大の日本古典研究家「本居宣長」がこよなく愛したやまで、その墓も建てられて愛好家の手で手厚く保護されています。
a0097298_20255579.jpg

辺りは「ちとせの森」という公園になっており「かほりの森」「さざんかの森」「つばきの森」「さくらの森」「四季の森」「木の実の森」と6つのエリアがあって、1年中豊かな自然と触れ合うことができます。小鳥も沢山の種類が飛び交っていました。鴛鴦も悠然と泳いでいます。
a0097298_2033316.jpg

a0097298_2034055.jpg

帰り路で、ふくよかな香りに誘われて訪ねると蠟梅と紅梅が枝いっぱいに花を咲かせていました。
a0097298_20455486.jpg

満月蠟梅
素心蠟梅の園芸種で、花全体と花被片が丸味を帯びている

[PR]
by yunatosi | 2009-01-27 20:47

富士山の見える山

冬の晴天の日は、富士山が見られるかも・・・と「神が岳」に登りました。
付近一帯は伊勢神宮の所領とあって、山中は端然と美しく、これぞ山という雰囲気を堪能しながら楽しく山頂を目指しました。
途中チラチラと白いものも舞い落ちて来ましたが、激登りあり激下りありの4時間を汗を掻きながら登りました。残念ながら今回も雪雲に邪魔をされて富士山を望むことは出来ませんでした。
a0097298_21255620.jpg

a0097298_2127125.jpg

この山の向こうは「五里山」通称「萱場山」といって、伊勢神宮の本殿などの屋根を葺くカヤを作っているところです。
a0097298_21311866.jpg

[PR]
by yunatosi | 2009-01-24 21:31

ハプニング続出の一日

今日は毎月一回のバードウオッチングの日でした。
遠方まで出かけるので、朝7時過ぎに家を出なければなりません。しっかり5時半に携帯の目覚ましコールをセットして少し早目に休みました。いつも不眠症気味なので目覚ましは必要ありませんが、万一にそなえました。ところが・・・・朝目覚めると外が薄明るい!時計を見ると、な~~んと7時少し前。びっくり仰天、慌てて顔を洗い服を着替え、車に乗り込むと目の前が真っ暗です。ガラスにしっかり氷が張り付いて見えません。熱湯をぶっかけ急発進すると、ガーンと異常な音、家に比べて不釣り合いに頑丈な門扉にぶつけたのでした。それでも構わず集合場所に駆けつけ、時間はセーフでした。ほっとしたのも束の間、車のロックをしたかどうかあやふやで、家に電話をかけ確かめてもらうようにたのみました。
いつものように楽しく色んな野鳥を観察し、次の場所に移動している時、バスが大きく揺れ衝撃がはしりました。バードウオッチングは狭く走り難い道を通ることが多いので、縁石にぶつかりタイヤが裂けてパンクしたのです。丁度目的地の近くだったので、バスを降りて観察を続けましたが、運転手さんや役員さん達には油で真っ黒になりながらタイヤ交換をしていただきました。災難を受け持ってもらったようで、申し訳ないような気持ちになりました。
以下、今日の成果です。
a0097298_2234510.jpg

a0097298_22342836.jpg

a0097298_22344534.jpg

a0097298_22391158.jpg

a0097298_22352597.jpg

[PR]
by yunatosi | 2009-01-21 22:40

盛り沢山な一日

我が家の窓から「経が峰」が見えます。最近真白に雪化粧しているのに、今日はスッピンです。随分暖かく風もないからすっかり溶けたのかと思い「そうだ、あそこに行こう」と決め、早速出かけました。ところが、登山口に近づくにつれ雪道になってきました。な・なんと さぞかしお山では・・・と危惧したとおり、登るにつれてどんどん雪が深くなってきました。沢山の足跡は皆アイゼン装備です。またまた失敗、不注意・鈍感・横着な二人連れです。
さりとて引き返す柔軟さも持ち合わせず、ずるずる頂上まで登りました。
a0097298_19582282.jpg

a0097298_19585524.jpg

a0097298_19591780.jpg

頂上近くのベンチで食事をしていると、爽やかな笑顔の青年が「ここ いいですか」と前に現れました。勿論「どうぞ、どうぞ」と満面の笑みで二つ返事です。いろいろ楽しく話している内、趣味の話になり、私がバードウオッチングのことを言うと「僕の両親も毎日、ホームページで鳥の写真を公開しています」と・・・名前を聞いて
えええ~~っ
と驚きました。三重県では結構有名で、私も以前鳥を観察中にお会いした時名刺を頂いて、そのベージを参考にさせて頂いている方の息子さんだったのです。人の出会いは不思議ですね。やはりいろんな方に声を掛けてみるものだと思いました。(人の迷惑かえりみず)

続きも見てね(*^_^*)
[PR]
by yunatosi | 2009-01-17 20:29
先日来寒い日が続いて、すっかり出不精になり、気分もすっかり寒くなっていましたが、バードウオッチング仲間から「ナベズル」を見に行かないか、との誘いを受け二つ返事で出かけました。昨年の11月頃から見られたという場所に行き、しばらく周辺を捜しましたが、既に他所に移動したのか見当たりませんでした。
そこで別の場所に行って、カモ類を観察することにしました。
a0097298_2115014.jpg

移動途中の田圃にいた「タゲリ」です。日が当たると緑色が輝いてとても美しい鳥です。
a0097298_2143655.jpg

a0097298_215169.jpg

目的の池には沢山の種類のカモ類がいました。
中でもおしどりはとても綺麗で、行動も興味深いものがあります。縄張り意識が強く、常に突きあったり、押し合ったりしてメスの獲得争いをしています。
目的の「ナベズル」には会えませんでしたが、沢山の新種も見られて幸せな気分でした。
[PR]
by yunatosi | 2009-01-15 21:13

南はやはり暖かい

年末年始はかなりのカロリーオーバーで、その解消にはやはり山が一番!ということで、暖かい南方の「姫越山」に行きました。しかし暖か過ぎて汗だくでした。
登り口は地域の避難場所になっています。海面すれすれのこの町は度々津波の被害にあい、あちらこちらに避難場所が作られています。
a0097298_14141.jpg

頂上からは芦浜の海が一望出来、釣り船や波を蹴立てて走るプレジャーボートが見られます。
a0097298_1452988.jpg

ぐるりと山を巡って芦浜に降り、貝殻を拾いました。以前は美しい白砂の海で沢山のきれいな貝を拾うことが出来ましたが、いまはゴミが目立ちます。
この浜を歩くことが出来るのも、地元の皆さんの長年に亘る必死の「原発反対闘争」のお陰です。
振り返れば、今歩いて来た山の稜線が青空の中にくっきりと浮かんでいます。歩けることの幸せを噛みしめつつ家路を急ぎました。
a0097298_14204491.jpg

a0097298_14215164.jpg

a0097298_14194029.jpg

[PR]
by yunatosi | 2009-01-05 14:22