ハナビシソウ


by yunatosi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年もよろしく

a0097298_22115591.jpg

昨年から未曾有の不況に見舞われて、住む家も無く食べることにも事欠く人々が増加しています。歯が痛くてもがまんして歯医者さんに行かないひとが増え、患者が4割も減ったといいます。これも政治の貧困、金儲け至上主義の風潮のなせるわざと言えるのではないでしょうか。今年は選挙の年です。底辺の暮らしを熟知し、その人達の幸せを心から願う人を選びたいものだと思います。しかし毎日のようにテレビで見るひとの中には「この人に日本を任せたい」と思うひとを一人も見つけることが出来ないのは悲しいことです。
間もなくアメリカでは新大統領が誕生します。演説、知性、人格、全てにおいて日本では未だお目にかかったことのない素晴らしい人物に見受けられます。日本にもオバマさんが欲しい・・・とつくづく思います。
どうか今年が良い年になりますようにと願うばかりです。
[PR]
by yunatosi | 2008-12-31 23:59

色々ありました

先日、某デパートで体組成を測る催しを開催していたので、無料というのに釣られて計ってもらいました。骨の状態やら肥満度やらいろいろ調べると「歳相応」でまあまあ、次に体脂肪・・「キャ~」とても人に見せられる状態ではありません。
普段タラタラと食べたり飲んだり(総理のいうとおり)のつけが回って来ているのです。そこで久し振りの山登りをすることになりました。ガソリンも随分安くなってきたので、少し遠出をすることになり、2時間程走って登山口に到着して準備をしていると、いきなり犬が飛びついてきました。2~3キロ手前の林道途中で、2匹の犬が山から突然飛び出してびっくりしましたが、その犬が追っかけてきたのです。その体は無残なほど痩せ細り、よく生きていられると思うほどです。飼い主が車で連れて来て捨てていったのでしょうか。いくら追い払ってもしつこく縋りつき、車によじ登りどうしても離れません。それはもう死に物狂いです。ここは諦めて他へ行こうと思っても車から決して離れません。余程連れていって欲しかったのでしょう。やっとの思いでその場を離れましたが犬好きの相方は、何度も「飼うのなら一生面倒をみないといかん、可哀そうに」と言いつづけていました。
a0097298_225192.jpg

この頂上は10月には一面にトリカブトの花が咲き、紫色に染まります。
a0097298_2254257.jpg

遥か向こうには五か所湾が見渡せます。
a0097298_22501178.jpg

a0097298_22564263.jpg

いたる所にクマ注意の看板があって、生々しい爪痕もあります。先月もここに出た という親切な立札も立っていました。相方が大きな音で熊よけのラジオをかけるので、却って冬眠から覚めるのではと心配しました。
[PR]
by yunatosi | 2008-12-25 23:05

非日常空間に遊ぶ

知人が設計を担当した陶芸家のギャラリーで毎年恒例の作品展示会があり、見にいきました。
若い人のセンス溢れる作品に接することは、惰性に流れる日常空間から暫し解放された気分になります。
玄関で端座して客を迎える猫までも何やら芸術家気分を醸し出している雰囲気です(*^_^*)
a0097298_1461072.jpg

沢山の素晴らしい作品が並べられていますが、侘しげな我が家には不向きなのでいつもながら目の保養だけに留めます。
a0097298_1410927.jpg

a0097298_14103722.jpg

a0097298_14141320.jpg自然の雰囲気をたっぷり残した広い庭には、すっかり葉を落とした裸木が冬の空に向って毅然と立っています。近頃増えてきた冬鳥達も盛んに飛び回っています。
[PR]
by yunatosi | 2008-12-21 14:19

山にはまった孫と

すっかり山好きになった3歳の孫が「お山に行こう」と誘いに来ました。
慌ててお弁当を作り「青山高原 四季の郷」に出かけました。よく晴れた穏やかな天気のもと、元気に出発です。すっかり余分な葉を落としたメタセコイアの大木も、天に向かって清々しくすっくと立っています。
a0097298_20145041.jpg

a0097298_20151967.jpg

a0097298_20204796.jpgコゲラ 
 

3キロ余りの行程を歩いたあと、遊具で遊び、ママの待つ家に帰りました。
a0097298_20524763.jpg
 
  《今日のひとこと》
山の中程で、大きなビニール袋を持った女性に出会いました。挨拶をしてふと見ると、袋の中は沢山のごみでした。「一昨日も夫と一緒に両手いっぱい拾ったのに」と言われます。しょっちゅうごみ拾いをして頂いているそうです。いろんな山でそんな活動をして下さる人にお会いします。
「山にごみを捨てるヤツは来るなっ」と声を大にして言いたい!(山に限りませんが・・)
     
[PR]
by yunatosi | 2008-12-15 20:54

感動!三井寺展

大阪市立美術館で「智証大師帰朝1150年特別展」と銘打って開催されている「国宝 三井寺展」に行ってきました。
国宝・重要文化財60件を含む約190件の展示がされています。初公開の不動明王坐像や秘仏の如意輪観音坐像など、滅多に拝むことの出来ない見事な仏像の数々に、信仰心に自信のない私でも圧倒され感動しました。
a0097298_21342781.jpg

美術館の隣には、もと住友家所有で大阪市に寄付されたという見事な庭園があります。昔の財閥のスケールの大きさに驚きます。これは一部です。
a0097298_21401550.jpg

a0097298_21404935.jpg

a0097298_2141520.jpg

美術館を出ると、広くて美しい天王寺公園があります。近くに大阪名物の通天閣もあります。今は綺麗に整えられ、花々も咲き乱れて市民の憩いの場となっていますが、最近まで所狭しと沢山の青いテントが並んでいたそうです。彼らは何処へ行ったのでしょう。いつの世も弱者は悲しいものです。
a0097298_21501715.jpg

a0097298_2151380.jpg帰りには大阪名物ネギ焼きを食べました。満足、満足でした(*^_^*)
[PR]
by yunatosi | 2008-12-13 21:53

早々と根回しを・・

今年もあと僅か  特筆する程の悪いことも良いこともないまま年が変わろうとしています。
そこで一足先に、来年の干支 丑さんに、挨拶に行きました。京都の北野天満宮です。
天満宮と言えば、学問の神様「菅原道真公」が祀られています。大きな鳥居を潜ると、大勢の人々が本殿にお参りすべく並んでいました。受験生を持つ家族の方達でしょうか。
流石に静粛かつ神妙な面持です。わたしは縁がないので、端っこの賽銭箱にコインを入れて、拝みました。
a0097298_14393518.jpg

広い神社の境内には、沢山のご神牛が祀られています。
a0097298_14422530.jpg

来年も「平凡の幸せ」をよろしくとお願いして神社をあとにし、金閣寺も参拝して来ました。
a0097298_1447918.jpg

a0097298_14473053.jpg

[PR]
by yunatosi | 2008-12-10 14:48

弥次喜多道中記

風は強いものの、暖かい冬晴れの一日、弥次さん喜多さんよろしく東海道五十三次のど真ん中袋井宿を歩きました。先ずは、最近華麗?に変身をとげた視力を回復すべく「目の霊山 油山寺」でささやかなお賽銭をあげて、しっかりお願いをしました。
a0097298_20353737.jpg

途中で、市民の憩いの場として、また旅人の休憩の場として作られたという「どまん中茶屋」に立ち寄り、お茶を御馳走になって巻物等を頂きました。
a0097298_20415826.jpg

遠い昔の面影を、僅かに残る松並木に感じながら、7キロ程の行程を歩きました。
今、通りを行き交う人は疎らですが、往時はきっと沢山の人々で賑わったことでしょう。
a0097298_20485850.jpg

[PR]
by yunatosi | 2008-12-08 20:49

孫の初登山

娘の都合で、3歳の孫を一日預かることになりました。
そこで体力が有り余っている彼のこと、低い山なら大丈夫だろうと、阿坂城跡(標高300メートル)に登りました。‘籠城時に米で馬を洗い、水不足を誤魔化して勝つ‘という意味で通称「白米城」と呼ばれています。体力自慢の孫は、すいすい坂を登り、大人の足で4000歩余りの坂道を一気に歩きました。
a0097298_1614783.jpg

広い山頂では、じいじと寝っころがったり走り回ったり、下界を眺めたり1時間ほど楽しく過ごしました。
a0097298_1652641.jpg

下山の道中では、次々と繰り出される質問に大笑いしたり答えに窮したりしながら山歩きを楽しみました。1度も弱音を吐かない彼の成長に、喜びと安堵を覚えました。
a0097298_16115254.jpg

[PR]
by yunatosi | 2008-12-03 16:13